医薬基盤研究所が、難病研究に資するためのバイオバンクの整備を進めている。このプロジェクトは、「難病研究資源バンク」と名付けられている。2009年度の難治性疾患克服研究事業に採択されたことでプロジェクトがスタート。3年間で約2億6000万円が投じられた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)