ソラフェニブ治療歴のある進行性肝細胞がんに対し、選択的CDK4/6阻害薬であるPD 0332991(ファイザー)は有効である可能性が示された。1月24日から26日までサンフランシスコで開催された2013 GASTROINTESTINAL CANCERS SYMPOSIUM(ASCO GI)で、米Kimmel Cancer Center of Thomas Jefferson UniversityのSusan Littman氏が発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)