米California大学Santa Barbara校(UCSB)は2013年1月16日、Bren School of Environmental Science&ManagementのRoland Geyer教授を中心とする研究チームが、一定量の太陽光を自動車の走行距離に変換する相対的な効率をモデル化してバイオ燃料とソーラー技術とを比較したところ、太陽光を自動車を走らせるエネルギーに変換する効率は太陽光発電(PV:photovoltaics)の方がバイオマスよりもはるかに効率的であることが分かったと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)