日本学術会議と名古屋大学は、2013年1月25日、「バイオインフォマティクスのパラダイムシフト」と題するシンポジウムを開催。日本学術会議の関連委員会・分科会を中心に、バイオインフォマティクスの国立研究機関設立に向けた検討を始めたことを明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)