米Genomic Health 社は2013年1月23日、2013年の Gastrointestinal (GI) Cancers Symposiumで、「Oncotype DX Colon Cancer」テストの3つの臨床試験のデータを発表した。再発スコア (RS) 結果により、同臨床試験に参加したステージII大腸がん患者のうち、45%で治療方針が変更された。同テストの導入により、直接医学コストが大幅に削減され、その一方で、患者が身体的・精神的・社会的に良好な状態になる可能性が示された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)