米Sanford-Burnham医学研究所、米Johns Hopkins大学などの研究者たちは、2013年1月27日、遺伝性だが、成人後に発症するタイプの心疾患、不整脈源性右室異形成/不整脈源性右室心筋症(ARVD/C)の患者の線維芽細胞から、疾病モデルとなる細胞を作製することに成功した。研究の詳細はNature誌電子版に同日報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)