米Vitro Biopharma社は2013年1月22日、迅速な骨の成長や、骨折治療の研究、および新規の骨粗鬆(しょう)症治療薬の探索で利用できる一連の幹細胞製品を発表した。これらの製品は、間葉系幹細胞(MSC)として知られるヒト成人幹細胞由来の骨芽細胞である。これらの細胞には骨の成長を誘導し、骨密度を維持し、骨折後の回復を補助する働きがある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)