米Allergan社と米MAP Pharmaceuticals社は2013年1月23日、最終的な合併合意を締結し、Allergan社がMAP社の全株式を1株当たり25ドルで買収すると発表した。買収総額は約9億5800万ドルとなる。MAP社は神経内科疾患の新薬の開発と市販を手掛ける生物製剤企業で、同社の成人片頭痛患者の急性期治療として用いる経口吸入薬「LEVADEX」は、現在、米食品医薬品局(FDA)によって承認審査が行われている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)