米Michigan州立大学(MSU)は2013年1月16日、食用作物の栽培に不適当な限界耕作地は燃料用作物を栽培できる土地として活用できる可能性があるというMSUが率いる研究チームの論文がNature誌の最新号に掲載されたと発表した。国の代替エネルギー生産目標を達成するのに貢献できるとしている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)