ベルギーThromboGenics社は、2013年1月18日、欧州医薬品庁(EMA)の医薬品委員会(CHMP)が、硝子体黄斑牽引症候群(VMT; 加齢とともに生じる後部硝子体剝離の際に、網膜と硝子体の癒着が強いために網膜が引っ張られることに起因する疾患)の患者と、これにより最も弱い黄斑部で網膜が裂けて400μ以下の黄斑円孔が生じたケースへの「JETREA」(オクリプラスミン)の適応を支持する見解をまとめ、承認を勧告したことを明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)