大日本住友製薬は2013年1月21日、シンガポールに1月17日付で子会社を設立したと発表した。社名はSunovion Pharmaceuticals Asia Pacific社。まずは、同社が創製した非定型抗精神病薬である塩酸ルラシドン(米国での商品名「Latuda」、開発コード:SM-13496))の事業展開を行う予定である。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)