森永製菓は、ココアの冷え性抑制作用をショウガと比較するヒト試験を実施し、ココアの方が飲用後の体温上昇後の温度低下が緩やかで体表面温度の持続性が高いことを見いだした。2011年11月に実施したヒト試験の成果を2013年1月に再度発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)