東京医科歯科大学、お茶の水女子大学、北里大学、学習院大学は、文部科学省の「大学間連携共同教育推進事業」により、疾患予防に関する大学院博士課程の教育プログラムを構築する。2013年1月21日にキックオフシンポジウムを開催し、事業の狙いと計画を発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)