スイスMolecular Partners社は2013年1月17日、糖尿病性黄斑浮腫(DME)患者を対象に、持続型抗VEGF設計アンキリン反復たんぱく質(DARPin)製剤である「MP0112」の安全性と予備的活性を評価したフェーズI/II試験の結果を発表した。研究論文はAmerican Journal of Ophthalmology(AJO)誌電子版に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)