米食品医薬品局(FDA)は2013年1月16日、バキュロウイルス発現システムと組み換えDNA技術を使って作られた初めての3価のインフルエンザワクチンである「Flublok」を承認したと発表した。Flublokは、18歳から49歳を対象とした季節性インフルエンザ予防薬として承認された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)