ドイツQIAGEN社は2013年1月15日、肺がん治療薬afatinibのコンパニオン診断キットとして、同社の 「therascreen EGFR RGQ PCR」キットを、米食品医薬品局(FDA)へ申請したと発表した。Afatinibは、ドイツのBoehringer Ingelheim社が開発中の新規の抗がん剤である。Afatinibは、FDAが承認したテスト手法によって発見された、上皮成長因子受容体(EGFR)変異を持つ、局所後期あるいは転移性非小細胞癌(NSCLC) 患者に対する治療医薬品として、優先審査に指定されている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)