農林水産省は、2013年1月15日に閣議決定された2012年度補正予算で、「機能性を持つ農林水産物・食品開発プロジェクト」を進める。予算額は20億円で、事業実施主体は、農水省系の独立行政法人である農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構、NARO)。2月上旬と見込まれる国会における補正予算の承認後に、研究課題などを公募して実施する。公募の前にアイデア提案会を開き、流通大手や食品加工の関係者などからアイデアを募集する。プロジェクトはこの20億円を用いて複数年度実施する。最長で2015年度までを予定している。



※続報で、医農連携プロジェクトの取り組みの情報を追加しました。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)