今年も識者に寄稿いただいた恒例の「新春展望」を、日経バイオテクONLINEに掲載した(https://bio.nikkeibp.co.jp/shinshun/2013/)。この際、原稿と同時に回答してもらった「注目のキーワード」で最も多かったのは、「再生医療」と「法改正・制度改革」という結果となった。今号のリポートでは、これらキーワードからバイオテクノロジー業界の2013年の方向性を探っている。再生医療に限らず、業界の支援となるような制度改革が新政権下で進むのかどうか、注意深くウオッチしていきたい。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)