米Johnson&Johnson社は2013年1月10日、米食品医薬品局(FDA)の内分泌•代謝薬諮問委員会がカナグリフロジン(TA-7284、Johnson&Johnson社のコード番号はJNJ-24831754)に対して、成人の2型糖尿病治療薬としての承認勧告を賛成10、反対5で可決したと発表した。カナグリフロジンは田辺三菱製薬によって創製され、Johnson&Johnson社に導出された。Johnson&Johnson社の子会社の米Janssen Research&Development社が2012年5月にFDAに申請していた。予定製品名は「Invokana」。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)