米Ceres社は2013年1月8日、干ばつ耐性遺伝子ポートフォリオが中国において実施されたイネによる野外実地試験により収量を著しく改善させたと発表した。Ceres社は遺伝形質の特性を確認するため定常的にイネを使用している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)