米ペンシルベニア州Children's Hospital of Philadelphiaの研究者らは、自閉症患者で生じている25の新規のコピー数多型(CNV)を発見した。これらCNVは、変異を持つ小児の自閉症の発症リスクを大いに高める強い効果を持っているという。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)