米Verastem社は2013年1月9日、応用可能なコンパニオン診断薬の開発のため、接着斑キナーゼ (FAK) 阻害薬VS-6063用のバイオマーカーを評価するため、米Laboratory Corporation of America(LabCorp)社と提携することで合意したと発表した。同バイオマーカーは、2013年末までに開始が見込まれている中皮腫を対象疾患としたVS-6063の大型臨床試験を含む、卵巣がんや中皮腫を対象疾患とした臨床試験の研究対象となり得る。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)