武田薬品工業とノルウェーPronova BioPharma社は2013年1月10日、高脂血症治療薬「ロトリガ粒状カプセル2g」(一般名:ω-3脂肪酸エチル、開発コード:TAK-085)について、武田薬品が日本において販売を開始したと発表した。用法・用量は「通常、1回2gを1日1回、食直後に経口投与する。ただし、トリグリセライド(TG)高値の程度により、1回2g、1日2回まで増量できる」。販売名のロトリガは「low triglyceride」が由来となっている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)