米California大学Davis校は2013年1月8日、化学科の研究チームが組み換えシアノバクテリアにより二酸化炭素から2,3-ブタンジオールを生成することに成功したと発表した。2,3-ブタンジオールは塗料、溶剤、プラスチック、燃料などの原料となる化学物質。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)