理化学研究所植物科学研究センター(PSC)代謝システム解析チームの平井優美チームリーダー、Kansuporn Sriyudthsak特別研究員、九州大学大学院農学研究院の白石文秀教授らは、既知の代謝経路の知見を使わずに、代謝産物の濃度変化を実測したデータだけを用いて代謝反応ネットワークを推定する手法を開発した。オープンアクセスの米PLOS ONE誌(インパクトファクター4.1)で2013年1月11日に発表した。この研究は、科学技術振興機構(JST)戦略的創造研究推進事業のチーム型研究CREST(研究代表者:平井チームリーダー)の一環で行われた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)