英Lancaster大学は2013年1月8日、同大学にあるLancaster Environment Centre の研究チームが、ヨーロッパにおけるバイオ燃料の原料となる植物の大規模栽培は、ヒト死亡率の増加や作物の収穫低下に結び付くかもしれないと指摘したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)