DNA、RNA、たんぱく質やその他の単一分子の分析に用いるナノポア検出技術の開発で注目されている英Oxford Nanopore Technologies社は2013年1月8日、米University of Illinois、Urbana-Champaign校、米Brown University、米Stanford University、米Boston University、英University of Cambridge、英University of Southamptonなどの有数の学術研究機関と一連の提携を締結したことを明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)