産業技術総合研究所(産総研、AIST)バイオメディカル研究部門の芝上基成主任研究員は、NECスマートエネルギー研究所の位地正年主席研究員、宮崎大学農学部の林雅弘准教授らと共同で、微細藻ユーグレナ(和名:ミドリムシ)から抽出される成分を主原料とした微細藻バイオプラスチックを開発したと2013年1月9日に発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)