米Sweetwater Energy社は2013年1月4日、米Ace Ethanol社の既存のトウモロコシエタノール製造設備を使ってセルロースエタノールを生産するため、セルロース由来糖類を最大16年間供給する長期契約を締結したと発表した。Sweetwater Energy社は作物残渣、エネルギー作物、木質バイオマスなどそれぞれの地域で入手可能な非食用セルロースバイオマスを発酵可能な糖類に変換する特許取得済みの分散型プロセスを有しており、Ace Ethanol社はこれらセルロース糖類を発酵してエタノールを生産する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)