米エネルギー省(DOE)エネルギー効率・再生可能エネルギー局(EERE:Office of Energy Efficiency and Renewable Energy)は2013年1月3日、利用可能なあらゆる米国内のエネルギー源を開発するというObama政権の戦略の一環として、カリフォルニア州、ワシントン州、メリーランド州、およびテキサス州の5つのプロジェクトへ1000万ドルを超える助成金を与えると発表した。これらプロジェクトは、先進バイオ燃料とプラスチックや化学品中間体などのバイオ化学品をバイオマスから生産する新技術の開発を目指す。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)