2012年、東京証券取引所第1部に上場する約1700銘柄の株式のうちの225銘柄を対象にした日経平均株価の12月28日の大納会の終値は1万0395円18銭と2012年の最高値を更新、1月4日の大発会から23%上昇した。一方、新薬を研究開発する国内の主要製薬企業22社の株価を見ると日経平均株価の上昇率23%を超えたのはわずか4社だけとなり、2012年の製薬業界の置かれた環境の厳しさを表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)