2013年は、製薬企業にとってどのような年なのであろうか。グローバル企業は、主力製品の特許失効に備えるために豊富な手元資金を使い、企業買収を繰り返してきた。国内市場を中心に展開する中堅企業も導入戦略に力を入れ、さまざまな手を打ってきた。2013年は、ひとまずは薬価改定の無い年、各社の施策の成否も問われる年になると見ている。今年の各社の注目点を挙げてみたい。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)