2013年以降のバイオテクノロジー業界を左右する要素の1つは、3年ぶりに政権に復帰した自民党が、科学技術政策に対してどのような方針を取るかでしょう。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)