2012年は非食糧バイオマスを原料とするセルロースエタノールの本格的な事業化が期待されたが、スケールアップ障壁やプロセスコスト高の問題で予想以上に遅れている。それでもイタリアBeta Renewables社-デンマークNovozymes社、米POET-DSM社、米DuPont社(Genencor社)などが現在建設中の生産プラントが2013年には完成し、商業規模生産が開始される見通しである。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)