多くの皆様のご支援とご協力をいただき、2012年12月20日東京証券取引所マザーズに上場を果たすことができ、2013年の年明けは新しい気持ちで迎えさせていただいております。

 弊社は2005年12月、世界で初めて微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)の屋外大量培養に成功しました。ミドリムシを研究されている先生方の協力のもと、事業として活用できる量のミドリムシを培養できる技術の確立を行うことができました。現在は皆さまの健康を日々支えられるよう、ミドリムシ入りの様々な食品やサプリメントを展開しているほか、ミドリムシからバイオジェット燃料の研究を進めています。

 ミドリムシの食材としての強みとして、植物と動物両方の性質を持つ藻の一種であり、そのためビタミンCなどのビタミン類とDHAやEPAなどの不飽和脂肪酸など59種類もの栄養素を持っていることが挙げられます。これらの豊富な栄養素は、先進国の栄養の偏りのみならず、後進国の栄養不足の改善に寄与することができる可能性を持っています。
バイオジェト燃料の研究においては、JX日鉱日石エネルギー、日立プラントテクノロジーと2018年度を目標とした事業化に関する研究を行なっております。トウモロコシや大豆などと異なり、ミドリムシは農地以外でも生産が可能であることや、食物利用と競合しないこと含めて、新しい次世代バイオ燃料として活用できるようにしたいと考えております。

 そして2013年は、わたくしがミドリムシに注目し、弊社を設立したきっかけであるバングラデシュでの食用利用により、栄養失調を改善する取り組みをスタートする年でもありまして、弊社にとって新しいステージへ挑戦していく年であると感じています。

 弊社は経営理念に「人と地球を健康にする」と掲げております。今はまだ理念の実現に向けてのスタートを踏み出した状態です。

 今後90億人超まで人口が増えていくと言われている地球で、人々が食料に困らず、地球環境と共存して発展していける環境を築いていく一助にミドリムシと弊社がなることを目指して、2013年も研究開発と事業展開を進めて参ります。皆さまの引き続きのご指導ご鞭撻何卒よろしくお願い申し上げます。