米NPS Pharmaceuticals社は2012年12月21日、米食品医薬品局(FDA)が、短腸症候群(SBS)の治療薬として「Gattex」 (遺伝子組み換えTeduglutide)注射薬を承認したと発表した。Gattexは、非経腸栄養法を必要とするSBSの成人患者を対象とする皮下注射剤であり、2013年第1四半期に発売予定である。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)