オーストラリアGarvan医学研究所の研究チームは2012年12月27日、転写因子が乳がん細胞をエストロゲン非感受性の侵襲性サブタイプに発達させるメカニズムを実験室で実証したと発表した。本研究は今後の乳がん治療に重要な影響を与える可能性がある。研究の詳細はPLOS Biology誌12月27日号で発表された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)