米St. jude小児病院などの研究者たちは、臨床試験に登録された患者のデータを分析して、米国の薬剤不足が臨床転帰に悪影響を及ぼしていることを初めて明らかにした。詳細は、NEJM誌2012年12月27日号にPerspectiveとして掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)