米University of Pennsylvania、Perelman医学部の研究チームは2012年12月26日、認知症患者の根本原因を調べる際に、MRIを用いてアルツハイマー病か前頭側頭葉変性症(FTLD)の患者を非侵襲的かつコスト効率的に識別できると発表した。MRIをベースとするアルゴリズムを用いることで、75%の確率で疾患を識別できたという。研究論文は、米神経学会の医学雑誌、Neurology誌の2012年12月26日号に発表された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)