アステラス製薬とベルギーUCB社は2012年12月25日、「シムジア皮下注200mgシリンジ」(セルトリズマブ ペゴル)が「既存治療で効果不十分な関節リウマチ(関節の構造的損傷の防止を含む)」の適応症で承認されたと発表した。シムジアは、抗ヒトTNFαモノクローナル抗体のFc領域を除いたFab’断片に、ポリエチレングリコール(PEG)を結合させた抗TNF抗体医薬品。抗TNF抗体では世界初のペグ化製剤である。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)