米Sierra Energy社は2012年12月6日、中国駐在のGary Locke米大使が主催した中国資金を米国プロジェクトに呼び込む投資フォーラムにおいて、カリフォルニア企業としてSierra Energy社の廃棄物をバイオ燃料に変換するプロジェクトのプレゼンテーションを行ったと発表した。フォーラムは、中国の米国大使館が、複数の米商工会議所、国際貿易プログラムなどのパートナーと協力して北京で開催したもの。同様のフォーラムは2012年5月にも開催され、9億ドルを超える商談が成立あるいは交渉中であるという。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)