米OpGen社は2012年12月23日、中国BGI-Shenzhenと中国科学院昆明動物研究所による家畜ヤギの初となる高品質リファレンスゲノムの作製プロジェクトにおいて、同社の「ARGUS」全ゲノムマッピングシステムが次世代シーケンシング(NGS)と組み合わせて用いられたと発表した。研究の詳細は、Nature Biotechnology誌電子版で報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)