米Scripps Research Institute (TSRI)で行われた高解析度の構造分析の成果で、中国の漢方の一種である常山(Chang Shan)の分子内部の機能が解明された。Chang Shanは数千年にわたり、マラリア熱の治療に使われてきた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)