理化学研究所基幹研究所ケミカルバイオロジー研究基盤施設の長田裕之施設長と本山高幸専任研究員らは、新しい抗がん剤の種となり得る化合物として注目されているテルペンドールEの糸状菌の生合成機構を解明し。米Chemistry and Biology誌2012年12月20日号で発表した。農業・食品産業技術総合研究機構(NARO)生物系特定産業技術研究支援センターのイノベーション創出事業などの支援を受けた研究の成果だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)