デンマークのGenmab社は2012年12月17日、次世代の抗体技術HexaBodyプラットフォームを発表した。HexaBodyプラットフォームは、新規の技術で、抗体が持つ標的殺傷能力を全く新規の手法でさらに一層亢進させることで、様々に異なる抗体療法の創出を可能とする。HexaBodyプラットフォームは、新規の様々に異なる抗体医薬品を創出したり、既存の抗体の効果を向上させたり、あるいは薬効が足りず臨床開発に失敗した候補品を再利用するために使われる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)