バイオベンチャーの優しい研究所(福岡県久留米市)は、九州大学大学院農学研究院の園元謙二教授らと共同で開発した天然抗菌剤「ネオナイシン」を、要介護高齢者や重度心身障害者向けの口腔ケア製品として実用化する。2012年12月19日に九大で記者発表を行った。ネオナイシンは、抗菌ペプチドであるナイシンAの高純度品と梅エキスを配合した液状素材。鹿児島大学大学院医歯学総合研究科の小松澤均教授と松尾美樹助教、国立長寿医療研究センター口腔疾患研究部の松下健二部長(九大大学院歯学研究院歯学部門口腔保健推進学講座客員教授を兼任)の協力を得て、虫歯原因菌や歯周病原因菌に対する抗菌作用を確認した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)