米New York Stem Cell Foundation(NYSCF)Laboratoryと米Columbia大学医療センター(CUMC)などの研究者たちは、ヒトの未受精卵の間で核移植を行い、そこから幹細胞を作製、複数種類の細胞に分化させて、発生過程やゲノムに異常は起こらないこと、問題のあるミトコンドリアを持たない子供が得られる可能性が高いことを示した。Nature誌電子版2012年12月19日付に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)