米Merck社と米GE Healthcare社は2012年12月18日、Merck社のアルツハイマー病薬候補である新規経口βアミロイド前駆体たんぱく質部位切断酵素(BACE)阻害薬「MK-8931」の臨床開発に、GE社のβアミロイド検出用PET造影剤、18F-フルテメタモールを用いることで合意し、共同臨床試験、ライセンス、供給に関する契約を結んだと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)