順天堂大学大学院医学系研究科の今居譲先任准教授(写真右)、同服部信孝教授(写真左)は、若年性パーキンソン病の原因遺伝子であるParkinとPINK1の解析から、同疾患の発症に関わる新規メカニズムを発見した。機能が低下したミトコンドリアが除去できなくなることが、若年性パーキンソン病の発症に関与している可能性を実験で示した成果だ。Scientific Reports誌に、2012年12月19日に発表した。

訂正:今居准教授の姓と、写真の左右を訂正しました。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)