近年、外傷や加齢による関節疾患が増加しているが、関節疾患に起因する軟骨損傷に対して従来行われてきたのは、薬剤や手術による対症療法的治療である。軟骨組織には血管が存在しないため、自然治癒が困難だからだ。この軟骨損傷に対する効果的な治療法として、昨今、大いに期待されているのが、細胞を利用した組織工学的技術を用いた治療である。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)